蜂やアライグマの駆除はプロにお任せ【テキパキ駆除する隊】

習性を踏まえた方法

ハクビシンとはジャコウネコ科の動物で額から鼻にかけて白い線がはいっているのが特徴です。 運動能力が高く、木登りや綱渡り、壁を垂直に登ることができます。野菜や果実、昆虫などを食べ、夜行性で昼間は屋根裏や穴の中などに潜んでいます。 最近ではハクビシンによる被害も増加しています。主に農作物の被害、屋根裏や床下への侵入、フンや雑菌などの被害です。そのためハクビシン被害の対策も考えられていますが、ハクビシンは何にでも登る習性があるため、登った先に電線をしかけるなど工夫することが大切です。 ハクビシンはイノシシやタヌキなどと違い、木を登ったり金網を乗り越えたりと、環境を立体的に使うことができます。身体能力を考え工夫することで被害を抑えられるのです。

それでは実際にハクビシン対策の取り組みはどのようになっているのでしょうか。 対策の基本は大きく分けると3つの取り組みからなっています。 一つ目は、近づけないことです。生ごみや放棄された野菜や果実はハクビシンだけでなく害獣を呼び寄せてしまいます。適正な処分が必要です。 次に侵入させないことです。屋根裏や床下、納屋などはハクビシンのねぐらとなることがあります。侵入経路を遮断して居つかせないことが大事です。 最後に捕獲することです。足跡などを特定し確実にいるとわかっているところにワナをしかけることが大切です。 ハクビシンは農村などの空き家や屋根裏を利用し、繁殖し増加してきたものです。ハクビシンが安心して生活できないような環境を作る対策が必要なのです。