蜂やアライグマの駆除はプロにお任せ【テキパキ駆除する隊】

哺乳類

アライグマとは北米原産の体調50cm前後の哺乳類で、餌を前肢でこするように扱う姿が手を洗っているように見えることからこの名がつきました。 アライグマは愛嬌のある風貌から動物園でも人気の高い生き物ですが、近年は害獣としての側面がクローズアップされています。これは、かつてペットとして飼育されたアライグマが野生化したことによるものです。 日本においては1970年代にアライグマを主人公にしたテレビアニメが放映されたことなどから人気が高まり、ペット用として相当数が輸入されました。ところがその中から人の手を逃れるものがあらわれ、やがて野山に棲みつき繁殖するようになったのです。2000年代に入ってからは各地で農作物に対する被害が報告されています。

アライグマの被害は年々深刻化し、駆除の必要性が叫ばれています。現在ではアライグマの駆除を専門に手がける事業者も登場しています。アライグマは可愛らしい外見とは裏腹に性格が凶暴でみだりに近づくのは危険なうえ、鳥獣保護法の対象になっているため無届では駆除できません。そのため、駆除はこうした専門業者に依頼するのが賢明です。 最近は農作物だけでなく人家への被害も頻発しています。庭を荒らしたり、屋根裏に棲みついて家屋を汚したりといった報告がなされています。山野の宅地化が進むにつれて、こうした被害は増加するものと予測されています。またアメリカではアライグマが狂犬病を媒介するとの指摘もなされており、本格的な対策が必要となってきています。