蜂やアライグマの駆除はプロにお任せ【テキパキ駆除する隊】

最初の一撃が重要

ハチの巣は今あるものは抜け殻であり駆除する必要がない場合が多いです。 駆除が必要となるのは夏の終わりから秋にかけて、子育てをする時期が最も凶暴になります。 ハチの巣が立派になると働き蜂が集まってきて個人では手が付けられなくなりますが、作り始めの時はある程度完成するまでは女王蜂一匹で行動します。 よってこの時にでき初めのハチの巣を駆除すると被害はありません。 女王蜂を殺す方法は網等で捕まえたたき殺す方法や専用の殺虫剤で殺す方法があります。どちらにしても刺されるリスクや目に薬剤が入り失明するリスクもあるためお勧めしません。 私のおすすめ方法は蚊取り線香です。意外かもしれませんが、蜂にも蚊取り線香が効きます。実は専用の殺虫剤と同じ成分が含まれています。

立派なハチの巣が出来上がりそれから、下で蚊取り線香を焚いても相手を刺激するだけであまり効果がありません。大量に炊くといいのかもしれませんがあまりお勧めしません。こうなれば一番簡単な方法は警察や市に連絡することです。 どちらに電話してもハチの巣を駆除してくれませんが、どこに電話すればいいのか等丁寧に教えてくれます。 女王蜂1匹の時は蚊取り線香は有効です。やり方ですがハチの巣の下で蚊取り線香を炊きます。そうするとにおいが嫌いなので上に逃げていきます。端っこまで追い詰めたら、かなり弱っているので数分間近くで蚊取り線香を炊くと神経系が麻痺をし落ちてきます。 こうなればほど死んでいるため、刺されることはまずありません。傘やスコップ等で押しつぶせば安全に退治できます。 巣の方もおそらく1匹も入れない大きさのことが多いため、箒等でつついて壊せば、駆除完成です。 ただし、どうしても戦いを仕掛けられない状況、危険を少しでも感じた状況、そういった問題要素がある場合は、駆除設備やノウハウを蓄積した、頼れるハチの巣駆除の専門業者に依頼するのが、最も安心できるといえます。